我が家のお茶の間

ただの家族ネタ。

実家に行ってきた(よく行くんだけどね)

父の携帯ケースは、市販のものになってたよ。

スマホにしてほどない頃の父自作のスマホケース。

いつも、

部活で忙しい次女も一緒に夕飯を食べた。

夕飯を食べたあと、

次女を挟んで父と母3人でソファに座り、

部活の話やら、

父の学生時代の話、

戦争中の話やら、

とても盛り上がっていた。

うちの次女の特技は、

質問投げかけて、話を広げる。

私も欲しい特技。。。

父は得意の、

あんたが男だったらするのに

を、次女にも言ってた(笑)

私が子どもの頃は、

言えなかったけれど、

次女と私、

別に女だってしてくれたらいいじゃない(笑笑)と言う。

父曰く、

自分が若い女の子といると怪しい。

尋問される。と言う。

そんなわけないし、

もしも尋問されても、

普通に違います。でいいのに。

男であれば、

父自身も一緒にいても気が楽。

ってことらしいけど、、、

やはり、娘や孫とはいえ、

レディには、気を使うのだろう。

なんだろーねーそれ(笑)

謎のこんなのも、

愛情だったんだね。

次女に、名前を継いでくれと言ったり。。。

4人も娘がいるんだから、

結婚する時お願いしたらよかったじゃん

と次女と私。

それ言って、振られちゃって結婚できなかったらかわいそうだからさー

とのこと。

言ってみたら、

それに、乗ってくれる人もいたかもね。

それも、

大きな愛情だったのね。

あ、

もちろん愛情を持って育ててくれたことは、

感じていたけれどね、

子どもの頃、結婚する前は、

改めて、

これが、愛情と思わなかったからね。

LINEはじめました。

お友達登録してね

IDgbt4675z

お気軽に、話しかけてね。

一対一で話せます。

スタンプかひと言返してね

私が、

子どもの頃は、

こんな風に、

学校の話をしたり、

ゆっくり自分や友だちの写真を見せて話したり、、、

しなかった。

父も母も忙しかったり、

祖父母もいたし、

私の性格的にもなかったからな。

今だから、

父も母も、

話ができるのだろう。

母が、

ちゃん次女と話してると、

とっても楽しい!

と言っていた。

明日は覚えていないかもしれないけれどね。

私もとっても嬉しかったな。

あとね、

母にセブ島の話をしたら、

ちゃん夫はなんて言うかしら?

行ける時に、

行ってきたらいいのに。。。だって。

心強い。

この話を帰りの車で、

次女にしたら、

そりゃ親なんだから、行きなさい。って言うよ。

お母さんだって、次女が、留学するって言ったら、

ぜひ行きなさい。って言うじゃないだって。

ま、お父さんは、土日にお母さんがいないだけで、

ご飯が、なんとかって言うし、お金出さなきゃだから、

わかんないけど。。。って。

これ、ひっくり返すしかないか。。。

自分のことながら、どうなることやら。

悩んだ人を一人にしない。9月の登板です。

オープンカウンセリング担当えもりゆみこ

詳しくはこちらから

日時9月25日火10:3012:30

会場かがやきプラザ4階研修室3

千代田区九段南1-6-10九段下駅より徒歩5分

お申込はこちらをクリック

じっくりお話ししたい方へ

ゆみこの個人カウンセリング

詳細はこちら